本文へスキップ

医療の未来を情報科学で切り拓く Biomedical Information Sciences

アクティブラーニング

学生実験では、IT・ICTの基礎技術および電気・電子回路技術を用いて、実際に医療に役立つ工学システムを学生一人一人が作製します。具体的には、3年次の1年間(前期・後期)をかけて、基礎から応用まで設定した6つのサブテーマを実践的に体験し、生体信号を計測・解析するために必要なハードウェア技術とソフトウェア技術の両基礎技術を学びます。

座学を基礎としたハードウエア開発

活動報告写真

増幅回路やフィルタ回路といったオペアンプの基本回路を学び、それらを応用した生体信号計測回路を製作します。

◆筋電計の製作
 本テーマでは、筋肉の動きを電気的な生体信号として検出するため
 の回路を作製します。
◆光電式脈波計の製作
 本テーマでは、光を用いて、心拍信号(脈波、加速度脈波)を検出
 するデバイスを作製し、自分の指先を用いて評価します。


実践力を鍛えるソフトウエア開発

活動報告写真

アナログの生体信号を、コンピュータにディジタル信号として取り込み、処理・解析するC言語プログラムをLinux環境で製作します。

◆アナログ/ディジタル(A/D)変換プログラミング
 本テーマでは、ハードウエアで計測したアナログな電気信号をコン
 ピュータで処理するために、アナログ/ディジタル変換プログラムを
 作成します。
◆ディジタル信号処理プログラミング
 本テーマでは、ディジタル信号として取り込んだ生体信号を周波数
 解析するための信号処理プログラムを作成します。


応用システム開発

活動報告写真

IT・ICTの基礎技術および電気・電子回路技術を用いて,医療に役立つ工学システムを構築します。

◆遠隔医療システムの構築
 本テーマでは、コンピュータなどの情報端末で処理した生体信号を
 離れた場所に送信するための通信システムを構築します。
◆センサ情報の取得とコンピュータグラフィックスの基礎
 本テーマでは、コンピュータなどの情報端末で処理した生体信号を
 画面上に表示するためのグラフィックス表示手法を実習します。


医用情報科学科(専攻)

〒731-3194
広島市安佐南区大塚東3丁目4−1